ニッパツ三ツ沢球技場の様子やおすすめの座席。服装などヴェルサポ体験談

横浜の夜景 横浜FC戦

2019年6月3日、4歳の息子を連れて横浜FCのホームスタジアム「ニッパツ三ツ沢球技場(ニッパツ)」へ行ってきましたよ~。我が家は東京ヴェルディサポーターのため1年に1回くらいのペースでニッパツに行っています。選手たちを間近に見ることができて楽しいスタジアムです!

ニッパツ三ツ沢球技場 収容人数とスタジアムの雰囲気

ニッパツ三ツ沢球技場の収容人数は約19,000人です。少なめですが、とにかくピッチのとの距離が近くて驚きます。一番前の席に座れば選手はほぼ目の前で、手を伸ばせば届いてしまうくらいです。ピッチが近いと試合の迫力もぜんぜん違います。クリアされたボールを選手同士の競り合って高くジャンプするところも、遠いところから見ても選手がどのくらいジャンプしていてもよく分かりませんが、目の前で見るとそのジャンプ力のすごさがよく分かります。また、選手同士の声掛けも聞こえるので、ピッチでこんなにも選手同士がコミュニケーションをとっているものなのかと気づかされます。テレビで観ると分からない選手の足技や息遣い、ボールを蹴り上げる音もしっかり聞こえます。サッカー観戦の迫力と楽しさを味わせてくれるスタジアムです。
ニッパツ三ツ沢球技場

ニッパツ三ツ沢球技場の座席 アウェイのおすすめは?

アウェイチームの座席は「アウェイゴール裏自由席」「メインスタンド自由席」、「メインスタンド指定席」または「メインスタンド特別指定席」となります。応援席は「ゴール裏自由席」です。メインスタンド指定席なら席確保の心配もなく安心ですが、席の場所が選べないので見やすい席になるか分かりません。ピッチが近いスタジアムの場合、最前列は選手が近くて迫力がありますが、手前の動きが全く見えなくなってしまうので真ん中くらいの座席で観戦するのがおすすめです。我が家はじっくり俯瞰(ふかん)して試合を観たいタイプなので、メインスタンド自由席を選んでいます。通路挟んだ上層席だと、手前のコーナーキックなどのプレーもよく見えます。また、ニッパツ三ツ沢球技場の座席は、隣同士が近いので狭く感じます。メインスタンドのようにホームとアウェイが一緒のエリアに座る場合は、なるべくそれぞれのチーム寄り(応援するチームのユニフォームを着ている人のそば)に座ると、味方が近くに集まるので心強いですよ。屋根が一切ないので、どの座席でも雨に濡れます。天気予報をチェックして雨が降りそうな日はしっかり対策をして行きましょう。雨の日のサッカー観戦の準備についてはこちらに詳しく書いてありますよ。

ニッパツ三ツ沢競技場のポイント
サッカー観戦に特化した専用スタジアム(収容人数約19,000人)
屋根なし
背もたれのないイス

メインスタンドからの眺め

スポンサーリンク

ニッパツ三ツ沢球技場 コンコースの様子

コンコースはホーム側とアウェイ側で、それぞれのエリアには入れないようになっています。バックスタンドには「フリ丸の家」があります。(フリ丸とは横浜FCのクラブマスコットのことです。)人工芝が敷かれていて小さい子が遊べるスペースやイスとテーブルが置いてって休憩できるエリアとなっています。フリ丸のぬいぐるみがイスに座っていたり、たまにフリ丸も遊びに来てくれるみたいですよ。

ニッパツ三ツ沢球技場 授乳室は?

ニッパツ三ツ沢球技場では、「授乳室」をホームゴール裏コンコースボランティア控室内に設置しています。おむつ替えをするスペースもあります。利用可能時間は、開場~試合終了後までです。授乳に必要な粉ミルクやお湯は持参になります。

ニッパツ三ツ沢球技場 再入場は?

横浜FCは再入場可能です。先に入場して座席を確保しておくことができます。一度スタジアムの外へ出る場合、再入場ゲートでスタンプを手の甲に押してもらいます。再入場時には、スタッフが手の甲にブラックライトを当てて確認し、入場する流れです。この方法だとチケットを見せる必要がないので両手がスタグルでふさがっていてもスムーズに通れますね。

ニッパツ三ツ沢球技場 ペットボトルの持ち込みは可能?

600ml以下のペットボトルは持ち込み可能です。601ml以上のペットボトルとビン・カン類の持ち込みはできないので、ゲートで紙コップに移し替えればOKです。
メインゲート

横浜FCのホームタウンはどこ?クラブマスコットは?

今回の対戦相手の横浜FCについて調べてみました。横浜FC(よこはまエフシー)のホームタウンは、神奈川県横浜市です。クラブカラーは白・水色・青でマリンをイメージさせる爽やかなカラーですね。2001年に、Jリーグに加盟しました。クラブマスコットは、宇宙人をモチーフとした「フリ丸」です。J2所属の首都圏クラブによる合同企画「首都圏バトル4~じゃない4の逆襲~」では、ヴェルディくんとミニゲームバトルで戦いました。ふり丸は背が大きくて走るのが早いんですよ。

横浜FC戦 6月の天気と服装。来場者数は?

東京ヴェルディとの対戦日は、2018年6月3日14:00キックオフでした。天気は晴れ、気温は29.6度、湿度39% 炎天下では暑くて待っているのが辛かったです。今回の服装は、2017年に東京ヴェルディで販売していたファミリーTシャツを家族3人でおそろいにしました。私は、ファミリーTシャツ、デニムのスカート、日焼け防止の薄手の上着、スニーカーです。4歳の息子の服装は、ファミリーTシャツ(アスレタ・3,500円)と半ズボン(西松屋・700円)です。
スタジアムなどでこども用のユニフォームやTシャツを買うときはコツは、大きめのサイズを買っておくことです。生地がしっかりしているので、伸びたり色あせもあまり感じません。普段使いではなくサッカー観戦用として着せれば、何年も使いまわせるのでお得です。ファミリーTシャツは、息子が2歳の時に買ったものですが、サイズは130なのでまだまだ着られます。持ち物は、帽子、うちわ、そしてレジェンド三浦知良選手をよ~く見るための双眼鏡!横浜FC戦では必需品です♪入場者数は8,038人で、まあまあ多い方でした。
親子の写真

まとめ

ニッパツ三ツ沢球技場は、サッカー観戦の臨場感を味わうのに最高のスタジアムです。2020年シーズンはJ1に昇格したので今年は観戦に行けないですが、また対戦するときを楽しみにしています。横浜FC戦のついでに、みなとみらいや赤レンガ倉庫に行くのも楽しいですよ~♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました