岐阜メモリアルセンター長良川競技場の座席 ヴェルサポ体験談

ステンドグラス FC岐阜戦

2018年9月23日、4歳になったばかりの息子を連れてFC岐阜戦に行ってきました~!岐阜のイメージがぴんと来ない私でしたが、駅もスタジアムもきれいで開放感があるし、Jリーグの中でもおいしいグルメがあると評判な岐阜メモリアルセンター長良川競技場はとても楽しいところです。
長良川競技場

岐阜メモリアルセンター長良川競技場の座席の種類と値段は?

座席の種類は、6つに分かれています。絶好のロケーションで観戦できるメイン中央指定席の「スーパーシート(3,100円)」、ピッチ全体が見渡せる「メイン自由席(2,500円)」、ベンチタイプのイスの「バック・ホーム自由席(2,000円)」、応援席の「ホームゴール裏自由席(1,500円)」「バックビジター自由席(2,200円)」です。FC岐阜サポーターなら、ホームゴール裏自由席の上層が芝生席になっているためピクニック感覚で観戦することもできます。小さい子がいると芝生席だと安心ですね。
ゴール裏芝生座席

アウェイ側の座席は、「スーパーシート」「メイン自由席」「バック・ビジター自由席」となります。我が家は、試合の見やすさ重視のため、「メイン自由席」にしました。陸上トラックがあるのでピッチは遠いですが、なかなか見やすかったです。メインスタンドからの眺め

「バック・ビジター自由席」は立って応援するサポーターがいたり、大きな声で歌ったりしているので、小さい子連れの場合は、ゆっくり座って観戦できる「メイン自由席」がおすすめです。メイン自由席の座席は背もたれはありません。
座席
アウェイサポーターはどの席種でも、ビジター専用のゲートから入ります。ビジターゲートやビジター再入場口は、スタジアムグルメが売っている広場から少し離れています。また、メイン自由席の場合は、入場後ゴール裏を通ってメインスタンドまで行くのでかなり歩きます。再入場はめんどくさいので、先に十分な量のスタジアムグルメを買っておいてから中に入るようにしたほうがいいですよ~。

長良川競技場のポイント
陸上競技場を利用したスタジアム
屋根はメイン側のみ
背もたれなしのイス

岐阜メモリアルセンター長良川競技場 雨の日は特典付き!

長良川競技場は、メインスタンドに屋根があります。「メイン自由席」の上層席なら雨に濡れずに観戦することができます。(風向きによっては濡れちゃいますけどね。)料金を払えば席種を変更できるサービスもあるので、「バックホーム自由席」や「ホームゴール裏自由席」の前売りチケットを買っていても、当日「メイン自由席」に変更することもできちゃいますよ。また、FC岐阜の特徴で、雨の日特典というものがあります。来場ポイントの獲得(会員のみ)や、グッズを買うとポンチョがもらえたり、温泉施設の割引券の配布をしてくれます。ポンチョは買うと高いので、プレゼントしてもらえるなんてありがたいですね。また、ビニール袋をひとり1枚無料で配布してくれます。ビニール袋は、荷物を入れたり、座席に敷いたりできるので超便利です。我が家も雨の試合の時は自宅からビニール袋を持って行っています。

スポンサーリンク

長良川競技場 トイレとコンコースの様子

長良川競技場内に女子トイレ内に、おむつ交換台があります。コンコースには屋根があるので雨の日は雨宿りをすることもできます。
コンコース
女子トイレ

長良川競技場の授乳室はどこ?こどもの一時預かり

授乳室はメイン入場ゲート付近にあります。また、事前に予約をしておけば、こどもの一時預かりも有料でやってくれます。こどもは自由に遊べるし、親はゆっくり観戦できるのでこういうのを利用するのもいいですね。利用する日の1週間前までに電話で予約をするようですが、すぐにいっぱいになってしまうので、早めに連絡をしておくといいですよ。

一時預かりお問い合せ先
NPO法人 グッドライフ・サポートセンター
受付・お問い合せ時間:祝日を除く平日 9:00~17:00
電話:058-295-3420

岐阜メモリアルセンター長良競技場 再入場はできる?

長良川競技場は、再入場できます。各ゲート付近に再入場ゲートがあるのでそこから出入りします。チケットがないと再入場できないので、忘れずに持ち歩きましょう。

FC岐阜 9月の試合の服装は?入場者数も

東京ヴェルディとの対戦日は、2018年9月23日14:00キックオフでした。天気は曇、気温:29.1度、湿度42% という、お彼岸だというのに夏のような暑さで、日なたにずっといるのはきつかったです。私の服装は、緑と白のボーダーTシャツ、ワイドパンツとスニーカー。4歳の息子は、ユニフォームと半ズボンです。9月なので試合終了する時間帯は寒くなるかな~と思い、薄い上着を持っていきましたが、着る機会はありませんでした。同じ9月でも我が家の住む北関東より暖かく感じました。入場者数は12,045人で、私が今年行った試合の中でもかなり多い方でした。
長良川競技場前で記念撮影

FC岐阜について マスコットは情に厚いピンク色のギッフィー

FC岐阜は、岐阜県全県が本拠地です。Jリーグ加盟は2008年と比較的最近ですね。クラブマスコットのギッフィーは、2017年にJリーグ加盟10周年記念で、一般公募で生まれたキャラクターです。ざんねんながらスタジアムで会うことはできませんでした。ピンク色なので女の子かな~と思いましたが、ポージングや目つきがかっこいいので男の子ですかね。実際は、岐阜県の県花であるレンゲがモチーフとなっているので、花の妖精だから性別はないのかな~と勝手に推測。性格は、情に厚くすぐに感動する。たまに間違った方向に目立とうとする子らしいです。気になる事 はレンゲ畑の減少だそう。私もレンゲの花が好きなので共感できます。ギッフィーは、レンゲプランナー、レンゲ検定1級という資格も持っているそうです。FC岐阜のチームカラーが緑なので、いつも緑のユニフォームを着ています。完全に花と草(葉)で遠くからみるとギッフィー自体がレンゲのように見えます。

まとめ

長良川競技場のスタンドからは、山と岐阜城を眺めることができます。立派なスタジアムと緑豊かな自然と不思議なモニュメントのコラボレーションが印象的なスタジアムでした。ファミリーで来ている岐阜サポーターも多いので、穏やかな雰囲気でとてもよかったです。9月下旬でも天気がいいとかなり暑かったので、うちわや帽子はあった方がいいと思います。モニュメント

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました